NIC Column

2019年10月29日

ハイパーRCD工法の試験施工を実施(青森 大鰐トンネルにて)

NIC株式会社も施工を推進しているハイパーRCD工法。

ハイパーRCD工法とは、
高速道路の老朽化した円形側溝を、即日で専門的にメンテナンスする新工法です。
低騒音カッター で、老朽化した側溝の一部と蓋などを切除後、プレキャスト製の専用蓋を設置することで修繕を行います。
高速道路の円形側溝を、工期短縮でメンテナンスを実行し、リニューアルを実現します。


2019年9月10日〜12日に、青森 大鰐トンネルにてハイパーRCD工法の試験施工が実施されましたので紹介いたします。


工事名:令和元年度青森管内円形水路補修工事

1.工事概要と2.施工状況(写真)を、またその評価について以下に紹介いたします。


1.工事概要

ハイパーRCD工法 青森 大鰐トンネル試験施工

工事名 :令和元年度青森管内円形水路補修工事
施工日時:2019年9月10日(火)- 9月12日(木)

施工延長:
2019.9.10(火) φ400 L=4m
2019.9.11(水) φ400 L=4m
2019.9.12(木) φ400 L=4m
2019.9.13(金) φ400 L=4m

場 所 :東北自動車道 大鰐トンネル(走行車線 上り,下り)
受注業者:株式会社ネクスコ・メンテナンス東北 青森事業所


2.施工状況

20191010a.jpg 20191010c.jpg

20191010b.jpg 20191010d.jpg


3. 結果報告

  • 1日当たり施工量4m(2基)で16mを4日間で施工計画通りに施工完了。
    (ネクスコ・メンテナンス東北担当者の方も施工見学に来られました。)

(NIC営業推進部)

« 前の記事       次の記事 »


アーカイブ

 お問い合わせ | 資料請求

▲TOP