NIC Column

2020年08月25日

東京丸の内にかんたん側溝(景観配慮型)を設置しました。

高層ビルが立ち並ぶオフィス街として、日本の金融・経済の中心地の一つである丸の内。
東京駅と皇居の間に位置し、多くのサラリーマンやOLが行き交うエリアである。

東京駅リニューアルを含む丸の内地区の再開発により高級ブランドや飲食店も多くあり、週末は11万人を超える人が訪れるショッピングおよび観光スポットにもなっています。

景観と機能を重要視するこのエリアにおいて、「かんたん側溝」がもつ美しい景観と排水能力が評価され採用に至りました。



場 所:東京都千代田区丸の内
製 品:かんたん側溝ミニ 200×300


かんたん側溝のパンフレットはこちらです。(PDF 5Mb>>


20200827a.jpg 20200827b.jpg

(NIC営業推進部)

« 前の記事       次の記事 »


アーカイブ

 お問い合わせ | 資料請求

▲TOP