NIC NEWS

2016年09月13日

今秋、茨城県の北部6市町を会場とした国際芸術祭が開催されます。

今秋、茨城県の北部6市町を会場とした国際芸術祭が開催されます。

その会場の一つである、常陸多賀駅前商店街に設置展示されるアート作品「ヒタチタガ・コンクリート・マンガ・ベンチ・コレクション」にグラフィックコンクリートを使ったキュービックなコンクリート・380CUBEを採用していただきました。

茨城県"ご当地"の芸術祭に、個性の際立つ地産のエレメントを集結することができました。

アーティスト山本美希さん(漫画家、筑波大学助教)は、5つのテーマをデザインしていただきました。
製造メーカーは高橋カーテンウォール工業(つくば工場)、日本興業・新茨中(笠間市)、富士セメント工業(笠間市)。 使用する材料は常陸寒水、桜川の錆石など近隣で採取されるものをベースに表情豊かな5種類の調合で土地の風土に自然とよく似あいます。

グラフィックコンクリートを活かした人の知恵の結び方をご提案しています。
秋へと移ろう自然と感性の刺激を感じに、是非お立ち寄りください。
ウェブ上では山本美希さんの紹介ページにバス停のベンチとして取り上げられています。
https://kenpoku-art.jp/artworks/a25/


<開 催 概 要>

茨城県北芸術祭(KENPOKU ART 2016)
【テーマ 】海か、山か、芸術か?
【会  期】2016年9月17日(土)から11月20日(日)まで〔65日間〕
【開催市町】日立市、高萩市、北茨城市、常陸太田市、常陸大宮市、大子町
【総合ディレクター】南條史生
【主  催】茨城県北芸術祭実行委員会
【作品数 】約100(20か国と地域より参加)
【主な展示会場】1) 五浦・高萩海浜エリア 2) 日立駅周辺エリア 3) 奥久慈清流エリア 4) 常陸太田鯨ヶ丘エリア

※常陸多賀駅前商店街に設置展示されるアート作品「ヒタチタガ・コンクリート・マンガ・ベンチ・コレクション」は、2) 日立駅周辺エリアとなります。


d21d9e8c0117a8d02d7561fc40b576ec85b326ce.png 設置場所.pdf

kenpoku-info2.png kenpoku.pdf



« 前の記事       次の記事 »

アーカイブ

 お問い合わせ | 資料請求

▲TOP