ボックスカルバート

FAボックス

FAボックス

FAボックスは、3分割されたPca部材と現場打ちコンクリートを併用した大断面ボックスを構築する工法で、工期短縮、省人化を可能としました。
頂板、側壁を分離構造(セグメント化)することで、斜角を有する現場への標準対応も可能となりました。

Fboxculvert.jpg

特長
製品の構成がスラブの組み合わせであるため製造コストが安価です。
従来のプレキャスト部材の連結はPC鋼材を使用することが多かったが、FAボックスはループ継ぎ手を用いて現場打ちコンクリートで一体化するため施工が容易です。
部材間の接合部には止水用パッキンのほか、防水材の塗布や防水シートによる止水も併用し止水効果を高めました。



■ 実物大公開載荷試験 九州大学との共同研究
実物大供試体を作成し、施工性や構造性能の検証試験を行い、想定どおりの施工が可能であること、一体型と同等の構造性能を有していること等を確認しました。
Fboxculvert02.jpg


 お問い合わせ | 資料請求

▲TOP