暗渠(あんきょ)

可とう性重圧管(耐震性)

可とう性重圧管(耐震性) 可とう性重圧管(耐震性)CAD

全国で2,000kmの実績を誇り、圧倒的な支持を得ている重圧管に 可とう性能(耐震性能)がプラスされました。

katosei-main.png


●「下水道施設の耐震対策指針と解説」((社)日本下水道協会)で記述されているレベル2地震動に対しても個々の継手部が可動することにより、対応が可能です。
●特殊ゴムリングを、基層は硬質ゴム、表層は軟質ゴムとした2層構造とすることにより、施工性が大幅に改善されると共に、地震動による継手部の抜け出しや屈曲に対して、高い水密性
●個々の継手部で地盤変位を吸収させることにより、重圧管の縦方向に発生する応力の低減が図れ、各継手部に発生する抜け出し量および屈曲角を小さくすることが可能です。

katosei-02.png



●特殊ゴムリングを、基層は硬質ゴム、表層は軟質ゴムとした2層構造とすることにより、施工性が大幅に改善されると共に、地震動による継手部の抜け出しや屈曲に対して、高い水密性(0.1MPa)を確保することができます。

katosei-03.png


 お問い合わせ | 資料請求

▲TOP