その他製品

クロロガード(耐塩害・高耐久性 コンクリート用混和材)

クロロガード(耐塩害・高耐久性 コンクリート用混和材)

クロロガード®について

構造物の長寿命化、高耐久化に貢献!!

クロロガード®は、セメント等の結合材に対して、所定の量(標準使用量:40kg/m3)を置換して使用することにより、高い塩化物イオン浸透抵抗性をはじめとした、高耐久性コンクリートを得ることのできる混和材です。
クロロガード®を使用することにより、塩化物イオン浸透抵抗性のほか、圧縮強度、乾燥収縮特性、凍結融解に対する抵抗性に優れたコンクリートを製造することができ、構造物の長寿命化、高耐久化、ライフサイクルコスト低減などを図ることができます。

chloroguard_02.png

クロロガード®の特徴

クロロガード®を使用した高耐久性コンクリートは下記のような効果が期待できます。

 塩化物イオン浸透抵抗性向上 、圧縮強度向上 、乾燥収縮低減 、凍結融解抵抗性向上

用途例
埋設型枠、擁壁、水路、ボックスカルバート、その他

クロロガード®を使用したコンクリートの標準的な配合


全容積 クロロガード® その他のコンクリート素材
1,000 ℓ 40kg(容積17 ℓ)
(20kg/袋×2袋)
983 ℓ
  • クロロガード®は、セメントもしくは結合材に置換して使用することを標準とします。
  • クロロガード®の標準的な使用量は、コンクリート1m3あたり40kg(20kg/袋×2)とします。
  • 所要の塩化物イオン浸透抵抗性に応じて20kg/m3とすることも可能です。



塩化物イオンの拡散係数 JSCE-G571-2010準拠
chloroguard_graph_01.gif
圧縮強度 JIS A 1108準拠
chloroguard_graph_02.gif
乾燥収縮ひずみ JIS A 1129-2準拠 (材齢1日基長)
chloroguard_graph_03.gif
凍結融解試験結果 JIS A 1148準拠 (材齢14日試験開始)
chloroguard_graph_04.gif


« U形側溝 | 

 お問い合わせ | 資料請求

▲TOP